Browsing Tag:

アカデミー

3期アカデミー、募集開始

academy archive information

いよいよ今期もLOCAL VENTURE ACADEMYの募集を開始いたしました!毎度恒例の「受講料0円」での開催です。8/8締切となっておりますので、早めのご応募お待ちしております! https://academy.localventure.co.jp/ .

熊本日日新聞でコラムを連載いたしました

archive information interview news

3ヶ月にわたって、計11回のコラムを熊本日日新聞に連載させていただきました。九州に戻った理由、起業に至った背景、当社が取り組むアカデミーやグループ経営の仕組み、企業内での事業開発に関する話など、いまを振り返る良い契機になりました。 .

グループ会社② 株式会社Saticle

archive group news

「地方都市に起業を増やす」ことを目的に実施している”LOCAL VENTURE ACADEMY”。20年12月に2期を終えて、現在グループで起業を準備している仲間が20人を超えております!それぞれの想いを実現するための挑戦がこれから始まっていきますが、また新たに法人が生まれました!当グループの仲間として、一緒に事業を成長させていく所存です。 .

第2期アカデミー、修了いたしました。

academy archive group report

コロナ禍の夏に始まったLOCAL VENTURE ACADEMY2期。第1期とは異なり、オンラインベースでの開催となり、運営サイドも初めての取り組みだったのですが、無事に修了することができました。ありがとうございます! 第1期は、福岡・熊本を中心に、リアルをベースとしながらオンラインを用いる運営をやっていたのですが、第2期はこの運営方針が真逆に。こうした背景もあって、今回は募集対象を全国に広げ、60名程度の参加者とともに約5ヶ月間のプログラムを終えました。 .

様々な協力者あってのアカデミー

academy archive report

アカデミーも中盤に入り、経営者をゲストに招いて、いろいろな示唆を頂戴するステージに。LOCAL VENTURE ACADEMYのひとつの特徴は、「様々な経営者の話を聞くことができる」こと。もちろん当社もまだまだ駆け出しレベルなので、ギャラを払ってお呼びすることはできず(しかもこのアカデミーは無料で実施しているため、すべての予算を手出しで行っているのです…)。 .

西日本新聞に掲載いただきました

archive news

アカデミー2期も始まり、初めての採用活動も完了しました。1期生のなかには、いよいよ最終準備段階に入っている人も多いですが、当社自身も緊張感と初心変わらぬ思いをもって、さらに精進していこうと思います! そんななか、西日本新聞にて二つほど記事を掲載いただきました。ひとつは当社代表が通っていた社会起業家を養成する「ボーダレスアカデミー」のなかで、卒業生としての声を。そして、もうひとつは当社代表自身を取材いただいた「ひと」。 .

第2期アカデミー、募集中

academy archive information

昨年度からスタートしたLOCAL VENTURE ACADEMY。第1期は20人の方に参加いただきました!いろいろ苦労しながら進めたのですが、脱落者がほぼいないまま修了を迎えられたことが非常によかったです!! そんなアカデミーを、いくつかの変更点を加えて、今期も実施することにいたしました。 .

グループ会社① 株式会社アンテ

archive group news

「地方都市に起業を増やす」ことを目的に始まった”LOCAL VENTURE ACADEMY”。第1期は計20人が参加し、半年間のプログラムを実施。この3月に無事修了し、それぞれの想いや挑戦がいよいよこれから始まっていきます。そんな第1期生から、この6月に法人がついに生まれました!当グループの仲間に入り、一緒に事業を成長させていく所存です。 .

事業紹介① REHOME DELI.

archive group information

REHOME DELI.  https://rehome-deli.com/ 3月にアカデミーが修了し、ついに新しいチャレンジが始まっていきます!これからいくつものリリースが控えているのですが、そんな先陣をきって、まずは「REHOME DELI.」を紹介いたします。REHOME .

第一期アカデミー、いよいよ佳境に

academy archive report

ローカルベンチャーアカデミー第一期生の取り組みも、いよいよ佳境に。10月に開講し、2ヶ月の座学を経て、12月・1月はフィジビリティ(実証)フェーズへ。「起業する前に小さくチャレンジして、早く失敗や成功を体験する」ことを目的に、全員が「初めての取り組み」に挑戦しました。 .